1491982841482

高輪 テニス部
昔々優しい少年がいました。少年は怪我しているを見つけて、かわいそうに思い必死で看病をしました。その鳥にピッさんという名前をつけました。ピッさんはすくすく元気になり、お別れのときが来てしまいました。その少年は思いました、別れはつらくないと。ピッさんが飛び立ったときどこまでも走って追いかけました。しかし、ピッさんの早さには追い付けませんでした。少年は思います、もっと早くなろう。今日も少年は走ります、ピッさんに追い付ける日が来ると信じて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です